Ringo
AUTHOR

Ringo

高校・大学とアメリカに留学。日本の大学院を卒業後、経営コンサルティング会社に就職するも、転職を繰り返す。シンガポールやバングラデシュで働いた経験あり。意識高い系サラリーマンをこなしつつも、しんどすぎて会社員に向いていないことをようやく認める。現在はフリーランスとして独立し、TOEFL、受験英語、ビジネス英会話を教えたりしています。当面の目標は、週3日だけ働いて生きていける状態を作ること。

  • 2019年8月31日
  • 2019年9月20日

耳か目か。脳科学に基づく英語の学習法とは。

まじめ 電車の中で英語をずっと聞いたり、ネイティブとの英会話レッスンも沢山受けました。でもリスニング力が全然上がりません。同じ勉強法を続けるべきなのでしょうか。 Ringoちゃんは何でそんなにリスニングが得意なの? やっぱり留学していたからですか? Ringo 留学=自然にリスニングが出来るようにな […]

  • 2019年8月29日
  • 2019年9月20日

英語が苦手な人が始めるべきは英会話?それとも文法?

Ringo 今日は「英語が苦手な人こそ英文法から始めてください」というお話だよ。 まじめ ぼくは文法が苦手で英語が嫌いになっちゃったんです…。文法よりもネイティブと英会話の練習するほうが早く上達するんじゃないですか? その考えがお金と時間を無駄にする地獄への入り口なんだよ。 ・・・。 英語力が伸びな […]

  • 2019年3月14日
  • 2019年5月2日

本を読んで成長したい人向け読書術まとめ

本を読んで成長したい人向けの読書術まとめです。 自分にはそもそも「読書」が向いているか?誰かに聞いた方が成長は早いんじゃないの? とにかく多読を目指したい。どうすれば読書習慣は身につくの? たくさん本を読んでいるけど、いつも似たような内容ばかり。一段上の知識を吸収するにはどうすればいい? 読まない本 […]

  • 2019年3月9日
  • 2019年8月31日

自分の意見を生み出す「遅読」のすすめ

私の朝はスマホに表示される小さな赤い丸、つまりは永遠に消えることのないプッシュ通知を見て見ぬふりをするところから始まります。 スマホは必要な情報を調べるには便利ですが、不要な通知に振り回されるのは正直しんどい。通知設定をオフにすればいいだけの話だけれど、仕事で使用するものはそうもいきません。 駅に行 […]

  • 2019年3月6日
  • 2019年4月25日

なぜ本を捨てるのは難しいのか。ビジネス本ばかり買い込む昔の夢に終わりを告げよう。

3月。日本は卒業、入学など、年度が替わる季節だ。 新年度を迎えるにあたり、身の回りを整理したくなる人も多いだろう。 先日のブログで仕事の断捨離(『本当に実現したいキャリアを見つけるためには、積極的に仕事を捨てていかなければならない』)について書いたけれど、断捨離といえば「モノ」を捨てることから始める […]

  • 2019年3月3日
  • 2019年5月7日

コンサルタントを目指すなら考えておくべき「人を助けるとはどういうことか」。

人を助けるとはどういうことか。 コンサルタントを名乗る、もしくは目指すなら、一度はじっくり向き合うべきテーマだ。 私は新卒で経営コンサルタントの仕事に就き、現在は国際開発コンサルタントをしている。 前者は中小企業の経営者を、後者は新興国や途上国の人々を助けることで対価をもらう、いわば「公式な支援のプ […]

  • 2019年2月21日
  • 2019年5月8日

本当に実現したいキャリアを見つけるためには、積極的に仕事を捨てていかなければならない

社会人になりたての頃、 「「とりあえず」って、あんまり言わない方がいいよ。」 と先輩に言われた。とりあえずの対応ばかりしていると、本当に重要な仕事にいつまでたっても取り掛かれないからだという。 確かに、先輩の言うことは一理ある。しかし会社で働いていると、「とりあえず」という言葉を頻繁に聞く。むしろ、 […]

  • 2019年1月14日
  • 2019年9月20日

周りの評価も大事だけど、自分が好きなこと、喜びを感じること、時を忘れて無我夢中になるものを大切にしなさい

誕生日前日、コタツに入りながら家族と昔のことを振り返っていると、母親がこんなことを言い出しました。 「あんた、中1の中間試験が終わった時、私になんて言ったか覚えてる?」 中1の中間試験が終わった後? 母親になんて言ったか? しばし天井を見つめて思い出そうとしましたが、何せ22年も前のこと。全く思い出 […]

  • 2017年12月17日
  • 2019年4月30日

社会人に必要なのは、理不尽をありのままに受け入れる力

社会人として働いていると「こんな理不尽には耐えられない! こんな仕事、辞めてやる!」と叫びたくなる時がある。 例えば、会社から押し付けられた高すぎる目標設定。自分のミスじゃないのに顧客から寄せられる激しいクレーム。終わるまで帰るなという上司の命令。成果主義ですと言いながら実質は年功序列型の評価制度。 […]

  • 2017年11月28日
  • 2019年4月30日

国際協力業界で働きたければ、その意思決定を捨てるところから始めてみるのはどうだろう

将来国際協力の世界で働くことを志望する学生から「どうすればそうした仕事に就くことができますか?」といった質問をよく受ける。 こうした疑問を抱くのはごく自然だと思うし、私が学生の時も同じ疑問を抱いていた。社会人になってからも未だにその答えを模索し続けている。 「語学・専門性・現地経験」の3点セットが入 […]