今日は『アジアで就職するなら押さえておきたい求人サイト3選』でご紹介した、ローカル求人サイトの使い方をご紹介します。

前回の記事を見てサイトに行ってみたものの、全部英語で書かれているので「うっ!」と挫折した方もいるかもしれません。

しかし、見るポイントさえ押さえてしまえばとても良い情報収集ツールになります。

まずはアカウント登録をする前に、どのように仕事を探せばいいのか、簡単な方法をお伝えします。

今回はシンガポールのJob Streetを例に使いますが、どの求人サイトもほとんど使い方は同じです。ぜひマスターしちゃいましょう。

 

トップページに何が書かれているか理解する

・まずはhttp://www.jobstreet.com.sg/に行きましょう。

すると以下のようなページが開くので、右側のSearch jobsをクリックします。
search jobs

・Job Streetの仕事検索トップ画面にとびます。各ボックスの中身は以下の通りです。

1. 仕事の条件を区切る:職種、キーワード、希望給与を入力することができます。

2. キーワード検索:自由にキーワードを入力することができます。

3. 求人掲載者:Deirect Employers(雇用企業が直接募集している)か、Recruitment Firms(人材エージェント)かを選ぶことができます。

4. 求人:実際の求人です。

 

 

2ndpage

 

条件を区切って的を絞る

・左上の42,311という数字は、何も条件を絞らない場合の全求人数です。ここからいくつかの条件を入力して、自分に合う求人を探していきましょう。

・とりあえず日本語を活かせる求人を探したいので、キーワード検索に「Japanese」と入力してSearchをクリックします

・809件まで絞ることができました。まだまだ件数が多いのですが、とりあえず上位に表示されたものを見ていくことにします。

 

3rdpage

・一番上に表示された求人の内容はこんな感じです(6)。

・Sales Executive【Assistant Manager】:営業(アシスタントマネジャー)

・Japanese Liaison:日本との窓口・連絡役

・Reeracoen Singapore Pte Ltd:リラコーエン(人材エージェントの会社名)
※”Ref.22635″はエージェントが管理する単なる求人番号なので重要ではありません。

・その下の求人内容はこんな感じ(7)。

・Project Team Leader (Social Media Platform – Japanese / Korean Speaking):ソーシャルメディアプラットフォームを造るためのプロジェクトリーダー。日本語または韓国語が話せること。

・Company Confidential:会社名は非公開

 

詳細を見る前に5秒で判断

・各求人をクリックすると、詳細のタブが新しく開きます。

4thpage

右上(8)は求人概要です。

・Login to View Salary:給与をチェックするためにログインする ※まだ会員登録をしていないので、給与を見ることはできません。

・Min 5 years:社会人(または営業としての)経験が5年以上必要。

・Junior Excecutive:日本でいう若手〜中堅手前くらい。

・その下には所在地がざっくり載っています。

・この時点で興味が湧かない、あるいは応募条件に達っしていない場合、詳細は見なくてよいでしょう。

・もし少しでも興味がわいたら、「ココが大事」と書いたJob Description(職務内容)をチェックしましょう。求める業務範囲、役割などが書かれています。Job Descriptionの細かい見方はまた別の記事で書きたいと思います。

 

その他の機能を使いさらに絞り込む。目安は30〜40件くらい

30〜40件くらいまで絞れれば、ザーッとスクロールしながら興味のある/ない求人を見分けられるようになってきます。

・トップ画面から、最低限、職種は入力しましょう。法人営業や小売など、かなり細かく選ぶことができます。

・仮に”All Sales/Marketing(営業全て)”で探してみると、先ほど809件あった求人が243件まで絞り込まれます

・また、Direct Employersだけで検索すると、35件まで絞ることができます(つまり残りの208件は人材エージェントが求人を握っているということです)。

 

まとめ

今回はJob Streetを使った求人サイトの見方をお伝えしました。内容が全て英語なのと、非常にシンプルな作りをしている点を除けば、日本の求人サイトと大した違いはありません!検索自体は無料ですので、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

1985年生まれ 東京都出身

経営コンサルティング会社へ新卒で入社。その後シンガポールの現地法人へ転職し採用業務に携わる。日本人の海外就職斡旋や、アジアの若者の日本就職支援に携わったのちフリーランスとして独立。現在は開発コンサルタントとして国際開発援助やソーシャルビジネス支援に従事。