-shared-img-thumb-N1146_kurumanomadodeneruinu_TP_V

「日本は居心地がいいのに何で海外に行くの?」と聞かれた時のお話。

<前編>はこちらから。

 

若い頃の留学で感じたことと、大人になって働いてみて感じたことのちがい

たった1年という短い期間でしたが、得るものはとても多かったし、あのタイミングで海外で働いて本当に良かったと思います。高校留学と海外就職は、フィールドは同じ海外でも、全く異なる体験となりました。

 

高校留学では「ちがい」に興奮しました。アメリカに憧れ、アメリカ人になろうと努力する日々。アイデンティティクライシスが毎日訪れる感じです。

でも大人になって働いてみたら「ちがい」よりも「共通点」に目がいくようになってました。シンガポールという多様性に富む土地柄もあったと思います。違うことが当然な生活の中で、共通項も結構多いな、と。

 

今のアジアの若者って、似たような文化を共有しているじゃないですか。

みんなiPhone持って、自撮り棒で写真撮って、それをFacebookやインスタにアップして、スタバでコーヒー飲んで、H&Mの洋服着て、マツエクにジェルネイルして、K-popにはまって、、、

もはや国籍とかじゃないですよね。

そしたらもう、「お父さん、お母さん、私は海を渡ります!!」とか気負うんじゃなくて、次の転職先がたまたまマレーシアにあるの、くらいカジュアルな感じでもいいんじゃないかと思うんです。

大企業の人がベンチャーへ転職してみたり、自分で起業してみたり、そんな感覚で海外に就職してみるのもアリなんじゃないかと。

 

世界を知ると自分の事がわかるようになる

私の場合、自分の理想像に少しでも近づくために高校留学・海外就職をしてきました。

日本を代表する経営コンサルタントの大前研一は、人間が変わる方法は3つしかないと言っています。

 

人間が変わる方法は3つしかない。ひとつ目は時間配分を変えること。ふたつ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的なのだ。

(名言DB http://systemincome.com/20220

 

別に海外じゃなくてもいいんです。全然違う文化の会社や、いろんな人が集まる国内のコミュニティでもいい。新しい場所に行くと様々な情報が入ってきて、色々考えるようになります

 

シンガポールで働いて初めて「日本企業はシンガポール人に人気が無い」という事実を知りました。欧米系の多国籍企業に比べて、日系企業は給与が20%くらい低いことを知りました。

日本人は日本語ばかり喋って、何かと本社の決済が下りないと仕事ができず、残業が多くて、その上激しい飲み会を強要される、と思われていることを知りました。

 

日本人として、結構ショックでした。

ここで何が良いか悪いかを語るつもりはありません。ましてや歴史とか国際関係の中で日本を語ることもできませんが、個人としてはリアルな焦りを感じました。

そう思われてたら優秀な人材なんて採用できない。人が集まらなければ日本企業はどうなるのだろう・・・。

 

私の中で、”先進国日本が発展途上国のアジアを支援する”という思い込みは、もう時代遅れなんじゃないかと新しい認識が生まれました。

場所を変えて新しい情報をインプットすることで、新たなアウトプットが生まれたのです。

 

私たち若者からボトムアップのグローバル化をしていきたい

だからと言って、私一人の力で世界を変えられるわけでもないし、変えたいわけでもないです。

ただ、少しでもいいから、私たち若い世代がもっと外の世界に目を向けられたらいいのになー、と思います。

いや、別に若者じゃなくても全然いいんで、身近なところから違いに触れ、受け入れ、楽しむ訓練をしていけたら良くないですか?

今はテクノロジーが発達していて、海外に行く壁がめちゃめちゃ低い。15年前なんて国際電話は高いし、LCCなんてないし、スマホもLINEもない時代でした。

最近は訪日外国人も増えて、外国の人と触れ合う機会も増えています。とても良いことだと思います。

 

グローバル人材って、交渉力が高いとか、アメリカでMBA取ったとか、何か国語も喋れる、ということではないんだと大人になって気付きました。

もっと大事なのは、新しい文化やそこに暮らす人々への飽くなき興味・関心なんじゃないでしょうか。

 

まとめ

長くなりましたが、冒頭の「Rieはなんで海外に行こうと思ったの?」という質問への回答は、

単なる好奇心の塊なんです、すみません、という感じです。

結局は新たな出会いとか、違うアイデアに触れるのが好きなんです。ワクワクしちゃうんです。それだけです。

「なぜ日本人が海外に出なければいけないのか」という問いに対しては・・・

 

日本がヤバイという危機感も多少あるけれど、それ以上に海外に行くの楽しいよ、新鮮な驚きと感動に出会ってぐるぐる考えて、自分に関して新たな発見があって、また行動へと繋がっていく。そんな人生素敵じゃない?というのが、現段階での私の答えです。

 

こんな風に名もなき一個人の体験談を共有して、一人でも多くの人が新しいものに触れ合う楽しさと、自分を発見する喜びを感じられる世の中になることを願い、これからも発信していきたいと思います!

 

1985年生まれ 東京都出身

経営コンサルティング会社へ新卒で入社。その後シンガポールの現地法人へ転職し採用業務に携わる。日本人の海外就職斡旋や、アジアの若者の日本就職支援に携わったのちフリーランスとして独立。現在は開発コンサルタントとして国際開発援助やソーシャルビジネス支援に従事。