utogoトップ画面

世界へ挑戦しよう

自分らしく生きる人を応援するためのブログです。

  • 2021年1月24日
  • 2021年1月24日

独学でIELTSライティング7.0を取る勉強法とは|Task2対策

IELTSのライティングで 7.0 を取るには Task 2 で質の高いエッセイを書けないと難しいです。 今日は私 Ringo が実際に3カ月間、約100時間の勉強で IELTSライティング 7.0 を独学で取った際の勉強法を紹介します。 英語力を地道に伸ばすというより、試験対策を中心とした内容にな […]

  • 2021年1月12日
  • 2021年1月12日

海外留学後の人生はどうなる?留学から15年経った現在の気になる職業と人生満足度

こんにちは、Ringo です。 留学中の生活や英語に対する不安はもちろんあると思いますが、その先の人生、つまり留学後の人生はどうなっていくのか気になりますよね。 留学したあとの就職先は? 留学後の人生はどんな風に変わるの? 実際にみんなどんな人生を歩んでいるの? そんな疑問にお答えすべく、今日は留学 […]

  • 2021年1月8日
  • 2021年1月8日

IELTSでOA 6.5を取る!セクション別スコア目標の立て方

IELTS OA6.5を取るには、具体的にどのようなスコア配分を目指せばよいでしょうか。 この記事では IELTS の OA (オーバーオール)スコア 6.5 を取るための具体的なスコア目標の立て方について解説します。  Ringo IELTS の場合、ただやみくもに勉強するだけでは目標スコアに到達 […]

  • 2021年1月3日
  • 2021年1月3日

2020年 コロナウィルス大流行時のイギリス大学院留学の実情と満足度

こんにちは。まじめです。 2020年7月にようやくIELTSのスコアが overall 6.5に達し、ギリギリでイギリス大学院留学に滑り込こむことができました。これからは、現地で感じることを少しずつ書いていきたいと思います。 今回のテーマは、世界的にコロナウィルスが大流行している中での留学の実情と満 […]

  • 2020年12月23日
  • 2020年12月25日

IELTSライティング Task 2|原因と解決策エッセイが書けるようになる4つのポイント

この記事は、IELTS ライティング Task 2の原因と解決策エッセイの書き方を知りたい方、最終的にスコア 6.5 を目指している方が抑えるべき最低4つのポイントについて解説しています。 結論からいうと、 回答に書くべき内容は「原因」+「解決策」または「意見」の2つ 構成は設問文に合わせて柔軟に対 […]

  • 2020年11月11日
  • 2020年11月12日

IELTSライティング Task 2|ディスカッション・エッセイの書き方と構成例

この記事は「 IELTS ライティング Task2のディスカッション・エッセイの書き方のポイントを知りたい」というビギナーの方、そして復習用にもう一度ポイントを確認したいという上級者の方に ディスカッション問題の見分け方 ディスカッション・エッセイに書くべき内容と構成 各パラグラフの書き方のポイント […]

  • 2020年8月30日
  • 2020年8月30日

IELTS スピーキングPart2に必要な描写力を上げる写真を使った練習方法

IELTS のスピーキング Part2が苦手です。頑張って話そうとしても1~2文で終わってしまい、2分間話し続けることができません。 今日は IELTS スピーキングの Part 2についてお話したいと思います。 スピーキングの Part 2で2分間話し続けるには、実は英語力だけでなく描写力と物語を […]

  • 2020年8月23日
  • 2020年8月24日

スピーキングの点数アップを妨げる“英語以前”の問題と改善策について

IELTS に限らず 、TOEFL、英検、TOEICなど、どの試験を受けるにしろスピーキングのスコアが上がりにくい方にはある共通点があります。 それは英語以前の話し方や心構えの問題です。 「流暢に話そう」とか「ネイティブが使う表現を取り入れよう」といったことを意識するずっと前の段階で「英語力の前に見 […]

  • 2020年8月12日
  • 2020年8月30日

IELTS スピーキング|6.0を取るためのPart1最低限の勉強法

IELTS 初心者です。スピーキングの勉強法がわからなくて困っています。日常英会話もままなりません。まずは何から始めたらいいですか? IELTS のスピーキングは単なる英会話とは違うので、試験用の対策が必要です。 とはいえ英語の基礎力が乏しい人が、いきなりIELTSの試験対策のみを行うのは逆に非効率 […]